本当にあった恥ずかし〜い話

久しぶりの投稿で小金丸の会社はどないなってしまったんかとご心配されている方。
ご安心を。確実に存在しています。そして生きています。   

実はブログを書くにあたって
今まで自分の蓄積していた経営者としての
経験や思想の記事をどれかアップしようと思いました。
でもどれもしっくりきませんでした。

それはここ数ヶ月自分の考えが変わり 今まで見えていた景色が変わったからです。
これを世間様ではパラダイムシフトとでもいいましょうか。

今日は僕の「本当にあった恥ずかし〜い話」をお話しさせていただきます。  

 あっちなみに「超ウケルんですけど〜」という面白い話を期待していたら
 「すぐに」画面を閉じてください。

ものすっごい滑った感じになり、
僕が悲壮感たっぷりな1日なってしまいます。

「本当にあった恥ずかし〜い話」をすることにした話

 まずタイトルから誤解を招いたらいけないので
ずばり今回の「恥ずかしい」を説明しておきます。

それは

 自分の未熟さ故に周りに迷惑をかけたこと。

はい

なのでもう一度警告しておきます。

 面白い話を期待していたらすぐに画面を閉じて
 「ヒーハー!!」と叫んでください。
 暑苦しい話です。ヤケドします。

さて本題です。

実はこの話をこのブログでアップするべきか迷っていました。

経営ブログというからには、自分自身の内容を記載することは 本来あるブログの趣旨に沿わないのではと思っていました。

もっとライトに口当たり爽やかな内容を書こうとも思いました。
面白おかしく書いて楽しんで見てもらおうとも考えました。
自分自身の恥ずかしい未熟な一面を公の場で出すのはいかがなもんかとも考えました。

でも

本来のこういう貴重な経験を自分の恥を忍んででも書くことの方が、当たり障りない内容よりも皆さんに伝わりやすいと思い、今回私自身の経験を踏まえてどんなことを感じたか、どんな風に変わったかをお話ししようと思いました。

自分の話で申し訳ないですが少しばかりお付き合いを。

「本当にあった恥ずかし〜い話」が出来上がった話

 冒頭でも言いましたが私はここ数ヶ月でずいぶんと自分の考えが変わり、周りからも目に見えて変わったと言われました。

以前の私は正直主語が自分にありました。
正確に言えば主語が自分になっていることすら気づきませんでした。 新しいチャレンジばかりで余裕がなかったのかもしれません。
大きな目的を忘れ、俯瞰的にものごとを見ませんでした。 仕事に依存し、経営仲間に依存し、妻や子供に依存していたのかもしれません。。

逆に言えば仕事のせいにし、経営仲間のせいにし、妻や子供のせいにしていたのです。

ある時、経営者仲間内で私への厳しくも愛のある指摘がありました。
涙が出るほどコテンパンにやられました。

また非常に苦しい時期を経験しました。
何故ならば仲間が言っていることは適切で、自分を自分で否定しないといけない時期であったからです。
様々な本を読み、自分の時間を作り、自問自答をし、何が正しいのだろうと考え、また考え抜きました。

本というのは素晴らしいもので、昔読んだ本を何度読んでも状況が変わると 与えてくれる気づきが変わります。

先人が与えてくれたヒントに私は自分自身を変えるために様々な行動と意識を変えました。

あっ、
今思い出すとコテンパンにやられた際に どさくさに紛れてただ単にディスられたことも言われた気がします。
(食べるときにクチャクチャするのが嫌とか。ハゲ野郎とか。)

もしかしてこれはただのイジメだったのかもしれませんが、 僕はポジティブです。
愛の鞭として捉えておきます。

「カエルコト」

 僕がこの事態を認識し変えてきたことをざっと以下にまとめてみました。

  「生活の中心を一つのものから複数に分散させる」

  ・依存状態を作らずに分散させる
  ・主語を大きな枠でとらえる


  「反射的に反応をせず、物事の本質を理解して行動する」

     ・主語を意識する
     ・行動する上のその目的と役割を意識する
     ・他人の評価を気にしない
     ・買い言葉に売り言葉をやめる


  「他人と自分の個人的価値観の違いを理解する」

    ・相手の主語が何かを理解する
    ・個人的価値観の違いで怒らない
    ・価値観と行動にブレがあれば指摘する
    ・価値観にあった行動を自分からやる

さあ次は具体的にどのようなことを考え、 変えていったのか恥ずかし〜い話をしていきましょう。

「生活の中心を一つのものから複数に分散させる」

 2013年の年末から数ヶ月前まで会社の創業期ということもあり 僕は仕事が中心の生活となっていました。新しい分野の仕事で慣れないことも併せて非常に生活に余裕がない状態でした。

しかも今考えれば当初は大切なことをやっていたとは思いますが、プロジェクトで決められたTODOの処理を期日までにひたすら潰していくといった視野の狭くなっている状態で、そのことが本当に必要なことなのか、一番の優先順位なのかも判断ができていない状況でした。

経営者として俯瞰的に物事を捉えることができない。
それすら気づいていない。
それは危機的状況でした。

なんでそんなことが起きてしまうのだろう。

家族にお願いして仕事終わりと休日に喫茶店に行き一人で考える日々が始まりました。
その中で出た一つの答えが
生活の中心を一つのものに集中しすぎると、視野が狭くなり依存状態になるということでした。
人間の心理上、一つのものに依存状態になると、それが崩壊した際に喪失感を感じる。また自分の物事を妨げるものに対して攻撃的になり、物事の不具合を他人のせいにして、それを正当化してしまう。

そんな依存状態から脱却するためにまず家族の時間、自分の時間、友人の時間を増やすことにしました。

もう一つの解決策が

    「todoの仕事=プレイヤーワーク」から  
    「経営を踏まえた仕事=マネージメント、リーダーシップ」に。  

    「経営者仲間」から「ユカシカド」に。

    「妻」や「子供」から「家族」に。  

など今までの主語を大きな枠として捉えることを実践しました。

簡単に書きましたがここまで行き着くのに 相当四苦八苦して頭がおかしくなりそうでした。

しかし、この答えに辿りついてからは 今までの狭い視野を広げるよう意識するようになり、 少しずつですが余裕ができるようになりました。

依存状態から抜けることで 他人のせいにすることもなくなりました。

「反射的に反応をせず、物事の本質を理解して行動する」

 余裕がなかった当初は仕事において、ある問題が発生した際などに一過性の対処や本質が見えていない間違った対応をしてしまう癖がありました。
  何でも反射的に反応をしてしまい、本質的な改善をせずにツギハギをするようになっていました。
実は骨が折れているのにスリ傷があるからといってバンドエイドで傷を防ぐような対処を行っていました。

また仕事以外でも周りの声が冗談か冗談じゃないかも判断できない状態だったのか、 少しからかわれただけで常に反射的に怒りを表していました。

価値観が違う意見を聞いても反応的になり頭から違うという主張をしたりもしていた気がします。

そのような状況だったのですが、経営メンバーの一人に言われた言葉により 気づきを得ることができました。

「怒る(キレる)ことは何も生まない」

当初は余裕がなくこの言葉も頭には入らなかったのですが、 生活の中心を一つのものから複数に分散させることで 少し心に余裕ができたことから冷静になり、 僕は怒ることを意識的に辞めることにしました。

また他人からの評価を気にすることも辞めました。

その言葉は今でも僕が冷静になる際の おまじないのように心で唱えています。

それからは何を言われても自分で自虐ネタにもっていくか、 さらっと流す=無視することにしてます(笑)

これは家族間の中でも是非やってみてください。 夫婦間や親子の関係が良くなりますよ!

ちなみに怒ると叱るは違うので叱ることはもちろんありますよ。

また生活や仕事で主語を大きな枠で捉えることを意識することで、 その主語に対する目的を常に意識するようになり 俯瞰的に物事が見えるようになりました。

結果、なりふり構わず怒らなくなったり 今までのバンドエイドで傷を防ぐような対処は しなくなくなりました。

「他人と自分の個人的価値観の違いを理解する」

 喧嘩や揉め事の多くの原因は、個人間の価値観の違いから生まれるものだと思っています。

たまに会う知り合い程度ならば 普段この価値観の違いがあったとしても あえて表に出す場面はないかと思います。

しかし、家族や会社は違います。

本質的な話をしたり、本気でぶつかる必要の場面があればあるほど この価値観というものは表に出てきます。

我々も仕事間で話し合う際は互いに議論を尽くし、 よく喧嘩のように熱くなる場面があります。

また、経営者だけではなく従業員同士でも 価値観の違いで揉め事が発生します。

夫婦間でも喧嘩の原因の多くは この価値観の違いなどだと思っています。

-旦那さんの考え-
外で夜遅くまで仕事をしてきて飲みの付き合いも仕事の一つ
だから次の仕事のために休日はゆっくりするべきもの・・・
-奥さんの考え-
子供の世話と家事で土日も働き詰めだから
休日は子供の世話や家の事は旦那さんが手伝うべきもの・・・

そんなありがちな価値観の違いでも喧嘩は発生します。

よく話を聞くと皆正しいことを言っています。 異なる背景、思想、立場を持った 人間同士なので当然価値観が違います。 よくあるのが自分の価値観が正しいと思って きちんと相手の価値観も理解せずに押し付けてしまう。 そんなことから揉め事が発生するのだと思います。

きちんと相手の価値観を理解し、自分の価値観も伝える。 主語を大きな枠でとらえることで 「自分の正しい」という主張から 「会社というチーム」に貢献するため 「家族というチーム」を育むため と価値観を自分とパートナーのチームとして捉える。 チームとして価値観を決めたら、 その価値観に沿わない行動は指摘し注意する。 チームのためと思えば自分も相手も関わるので 価値観を共有すれば言われなくても アピールせずとも目的に沿った行動に起こすはずです。

僕自身一つだけ家族に対して決めたことがあります。 それは求められずとも妊娠中の奥さんの手伝いとして皿洗いと洗濯をする。 家に帰った時や休日は仕事を一切忘れて子供と楽しく遊ぶ。 求められずとも家族というチームのためには必要だと思うからです。

今このことを少しずつ実践しながら 徐々に色々と良い方向に向かっています。

「カワッタコト」

 このように意識と行動を変えたことにより、どんなこともどのような目的があって、自分はどのような役割があるのかを意識をするようになりました。 謙虚になり、人の話が聞けるようになりました。 正しい事はその立場によって変わることも気づきました。

このような行動を通して忘れていたことを思い出させてもらいました。 月並みですが僕は人に恵まれていると。

理解ある家族に恵まれました。 苦しい時も心配してくれて常に味方をしてくれます。

一緒に創業したメンバーに恵まれました。 親友であり、兄弟のような存在であり、ライバルです。 信頼があるからこそ、普通の人には言えない厳しいことも指摘してくれ そして議論を尽くして納得いくまで話してくれます。

一方でこの組織上で私が必要ないなら潔く退く覚悟もあります。 それはこのユカシカドという会社が成長していくというステージの中、 私自身がこの組織の成長に貢献できていなければ ユカシカドの成長を止めて害になってしまいます。 そんなことにはならないよう日々自問自答しながら 今後のユカシカドの成長に貢献していっています。

長くなりましたが最後まで読んでくれた方、 貴重な時間を使っていただきありがとうございました。

今後ともユカシカドの成長にご期待ください!