全てやる。

ユカシカドは、ビジョナリーカンパニーとして生まれた。(ビジョナリーカンパニーとは、理念ありきで変化に対しても柔軟に対応しながらチャレンジし、サスティナビリティ経営をしていく会社という意で使用)

では、我々の現在の働き方がどんなものかご紹介すると、ビジョンに向かって走っているかと言われると答えは「YES」だが、近道をしているか遠回りをしているか分からない。簡単にいえば我武者羅といった感じだ。さらに簡単にいえば、生きるのに必死だ。私の好きな言葉に「逆境」という2文字がある。平々凡々と前職に入ればはっきりいって、今の生活の数倍裕福な暮らしができていた。いつユカシカドが組織として崩壊してもおかしくない位の財務状況である。でも驚く程、今の生活が楽しい。先日はじめて我々のサービスが立ち上がって初めての売上げがたった。何とも言葉にできない爽やかな気持ちになった。呼吸をしている感じだ。

と思えば、ちょっとしたトラブルで一気に無呼吸状態になってみたり。

今いつ倒れても分からないし、社会に対してチリ以下のインパクトしか創造できていない会社ですが、できるだけ早くビジョンに直接的に関連する事業をスタートしたいと思っています。

ちなみに私の仕事と寺田の仕事のすみ分けをご説明すると、私が経営全部うやってます。寺田の仕事は経営全部やってます。つまり全部やってます。得意な作業も苦手な作業もぜーんぶ。

f:id:minobex:20160121191929j:plain

先日、私は最も苦手な折り紙のような作業をしました。とても丁寧に作業したら寺田に褒められました。すごいだろ!!